殺し屋1(ころしやイチ)

殺し屋1(イチ) 1 (ヤングサンデーコミックス)殺し屋1(イチ) 1 (ヤングサンデーコミックス)
(1998/06)
山本 英夫

商品詳細を見る


「ジジイ」率いる歌舞伎町のハグレ者グループ(イチも所属。ただし、ジジイ以外のメンバーは彼の顔を知らない)と「垣原」率いる暴力団・安生組との攻防、そしてイチと垣原の異常性愛者同士の邂逅を描く。読者に「痛み」を感じさせるような意図的な暴力描写が特徴。(ウィキより)


【感想・総評】
 ちょっと古めの漫画ですが、絵は古さを感じません。上手いです。
 内容の方は好みが分かれるかな。暴力シーンがありますしね。ブラック・ラグーンとか好きな人はいけると思います。
 物語が最初から最後まで一貫しているのがいいですね。作者の感性がもろに出ている気がします。基本シリアスですが、ところどころ笑えるシーンもあります。最終巻の垣原はかなり笑えた。


全10巻+番外編1冊
殺し屋1 第1巻 (小学館文庫 やC 11)
殺し屋1 (第2巻) (小学館文庫 (やC-12))
殺し屋1 第3巻 (小学館文庫 やC 13)
殺し屋1 第4巻 (小学館文庫 やC 14)
殺し屋1 第5巻 (小学館文庫 やC 15)
殺し屋1(イチ) 6 (ヤングサンデーコミックス)
殺し屋1(イチ) 7 (ヤングサンデーコミックス)
殺し屋1(イチ) 8 (ヤングサンデーコミックス)
殺し屋1(イチ) 9 (ヤングサンデーコミックス)
殺し屋1(イチ) 10 (ヤングサンデーコミックス)

殺し屋1 番外編 (小学館文庫 やC 16)

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。