アメトーーク「グラップラー刃牙芸人」

 予想通り面白かったです。今回はメンバーが良かったです。ケンコバ、バッファロー吾郎が好きなのでそれだけで満足。


 始まる前にどんな内容なのか予想していたのですが、結構予想通りでした。やっぱギャグ漫画ですね、あれは。
 くくりが漫画やアニメだと見たことの無い人に向けて説明してくれるのですが、その説明そのものもまたギャグ。関根さんが割と真剣な方だったかな? 知り合いということで気を使ったのかもしれません。
 懐かしいシーン(地震止めとか)がピックアップされていたのは良かったのですが、克己がいなかったのが残念。音速パンチは取り上げて欲しかった。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。