魔少年ビーティー/荒木飛呂彦

 JOJOでお馴染み荒木飛呂彦の25年ぐらい前の作品(初版は1984年)。

魔少年ビーティー (少年ジャンプコミックス)魔少年ビーティー (少年ジャンプコミックス)
(1984/10)
荒木 飛呂彦

商品詳細を見る

 昔の作品というと敬遠されがちだけど今読んでも面白い。話はしっかりしてるし、この次どうなるんだ? と思わせるフリが上手い。何よりキャラがいい。主人公であるビーティーは現在に通じる魅力がある。今で言うところのダークヒーロー。正義でありながらそれを行使する手段がどこか悪魔的。
 ビーティーの親友である公一は名前のせいもあるんだろうけどJOJO4部に出てくる(5部にも出てくるが)広瀬康一を彷彿とさせる。語りも兼ねてるし。多分康一の原型なんだろうね。


魔少年ビーティー (集英社文庫―コミック版)魔少年ビーティー (集英社文庫―コミック版)
(2000/06)
荒木 飛呂彦

商品詳細を見る
 どうやら新装版も出てるようで。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。