「NARUTO」キャラの死に14歳の少年が後追い自殺(ロシア)

鵜呑みにするととんでもない事件。
でも個人的にはメディアの取り上げ方次第だと思ってる。



「うちはイタチ」が死んでしまったことで大ショックを受け、その後絶望した14歳の少年がアパートの100フィート(約30メートル)高さのところから飛び降りて自殺してしまったのだ。
捜査の結果、自殺したのはレオニード・フメルフくんだと判明した。
(画像:Daily Mailより)
レオニードくんはイタチの死を見た後、利用しているSNSのページに「死のうと思う」とコメントを投稿。その後レオニードくんが家に戻らないのを心配した両親が近所の隣人たちと捜索を開始したが、行方不明になってから二日後、遺体が発見されたのだ。

「私はいつも言ってたんですよ、テレビを見過ぎるなと。きっと現実とフィクションの区別がつかなくなってしまったんでしょう」とレオニードくんの父親はコメントしている。




以上ニュースサイトより抜粋。




ロシアでは『十代の若者の自殺件数が世界第三位』らしく、アニメ作品が理由で自殺っていう取り上げ方をマスコミがしたかっただけなんじゃないかなぁ。
自殺者が数多くいるなからわざわざアニメ関係のをピックアップしたとしか思えないんですよね。それこそイジメが原因やその他の理由で自殺している人もいるだろう。


なにより『現実とフィクションの区別』はついてたと思う。さすがに子供を舐めすぎである。それぐらい追い込まれていたと捉えられないものかね。大人の責任逃れだろ、そのコメントは。







コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。